ホーム > ガンマー線の観測 > ガンマー線の観測

ガンマー線の観測

ガンマー線の観測

地震が起こるとき破壊が始まっている岩盤から色々なものを
大気中に放出します。
その中でもガンマー線に着目し、平成10年から観測しています。
地中から発生する極々微量のガンマー線を毎日定時に観測して
その変化から地震発生を予測しようとしています。
左の写真の物が測定に使用している「シンチレーションサーベイ
メーター」で俗にガイがーカウンターなどと呼ばれています。
この測定器で毎日同じ時間同じ場所で30分間継続して測定し
その平均値を記録しています。

ganma1
シンチレーションサーベイメータ(ガイガーカウンター)

カテゴリー: ガンマー線の観測 タグ: